芸能 エンタメ,人気,アスリート,ニュース

記事一覧

2016-09-22芸能エンタメ
2つに別れていたバスケットの男子リーグが統合された「Bリーグ」いよいよ9月22日(祝日)に、アルバルク東京-琉球ゴールデンキングスの一戦で幕を開けます。※上記画像…

記事を読む

2016-09-21スポーツ
空手家兼タレントとして活動中の角田信朗さんが挑んだ、マスターズボディビル大会で準優勝を飾りました。角田信朗さんが出場したのは、石川県で開催された、「第28回 日…

記事を読む

2016-09-21芸能エンタメ
強姦致傷容疑が一転「無罪釈放」となった、女優の高畑淳子さんの息子、高畑裕太さん。敏腕弁護士がついたこともあり、被害者との示談成立とその後の事件性を真っ向から否…

記事を読む

Bリーグの開幕戦テレビ中継はフジテレビなのが微妙?歴史的一戦の視聴率はどうなる?

bleague.jpg


2つに別れていたバスケットの男子リーグが統合された「Bリーグ

いよいよ9月22日(祝日)に、アルバルク東京-琉球ゴールデンキングスの一戦で幕を開けます。

※上記画像引用元:http://www.bleague.jp/startinggame/

細かい話ですが、正式には「B.LEAGUE」

B.LEAGUEの方が見た目はかっこいいけど、日本人的にここでは、「Bリーグ」で進めて行きます・・・汗

今回の国内バスケットリーグの歴史的瞬間とも言われる一戦は、代々木第一体育館で行なわれます。

この開幕戦については、NHK-BS1と地上波ではフジテレビが放送を行ないます。

Bリーグ開幕戦コンセプトムービーを御紹介します。



なんだか、「J.LEAGUE」が誕生した時のことを思い出しますが、当時のような盛り上がりは、時代背景などもありますから、さすがに厳しいとは思いますが、リーグが統一されたことで、分かりやすさと一体感は高まると思いますので、国内バスケット人気も今より高まる可能性は充分にあると思います。


でも、新リーグの開幕戦という大事なところで、あのテレ局が関わってしまったことはどうしても不安材料かと。

歴史的一戦をフジテレビが放送するのがちょっと怖い


Bリーグの誕生で、「バスケットボールの新時代の幕開け」と題して、かつてない気運に乗りたいというのがリーグ関係者や選手達の正直な思いでしょう。


そのためにも、開幕戦となる、アルバルク東京VS琉球ゴールデンキングスの試合は重要なものとなります。

その大事な一戦のテレビ中継を地上波で独占放送するのがフジテレビです。


フジテレビの公式サイトでは、「フジテレビ系列 地上波ゴールデン独占生中継」と銘打って、男子プロバスケの新リーグにあやかろうとしている感じが伝わってきます。

しかし、どうしても不安な感じはありますよね。

かつての栄光は鳴りを潜め、低迷は留まるところを知らない今のフジテレビが、国内バスケットの新たなスタートにケチをつけやしないかと・・・。


フジテレビでは、この開幕戦の中継ゲストとして、中村雅俊さん、広瀬アリス・すず姉妹なども登場します。

bleague_fujitv.jpg




この組み合わせもよく分からない。

広瀬姉妹の姉、広瀬アリスさんは、バスケット経験者らしいのですが、最近よく出てくる、広瀬すずさんに至っては、全国高等学校サッカー選手権大会の「応援マネージャー」を努めた人であります。

中村雅俊さんと言えば、プロ野球、東北楽天ゴールデンイーグルスのファンクラブ名誉会員になっているほどの野球好きのはず。

広瀬すずさんに関しては、姉のアリスさんがバスケットと関わりがあることから、今回は逆バーターというか、フジテレビ的には、「すず呼びたくて調べたら姉がバスケットやってたから丁度いい」的なところなのでしょうか(汗)


フジテレビと言えば、プロ野球中継でもチャラチャラした演出やゲストを呼び、肝心の試合を台無しにするくらい、もはやスポーツ中継でもセンスのなさを発揮しています。

巷では、今回の男子プロバスケの開幕戦の視聴率が、二桁とれるかどうか?

中には、15%くらいは期待できるのでは?


といった声もあるようですが、もし放送開始時にある程度視聴数を獲得したとしても、フジテレビの演出で視聴者が引いてしまうようなことにならなければ良いのですが。

それくらい、今のフジテレビは「負の要素」が強すぎます(苦笑)


今更かもしれませんが、どうかバスケットボールそのものをしっかり伝えるような演出をお願いしたいものです。

チャラい感じはいりませんので・・・


何はともあれ、9月22日のBリーグ開幕に注目しましょう!

角田信朗の筋肉ムッキムキの画像がヤバすぎて顔とのバランスが

kakutanokinniku.jpg


空手家兼タレントとして活動中の角田信朗さんが挑んだ、マスターズボディビル大会で準優勝を飾りました。


角田信朗さんが出場したのは、石川県で開催された、「第28回 日本マスターズ選手権大会」で、50歳以上の75キロ超級で見事表彰台をゲットしました。

※上記画像引用元:http://ameblo.jp/nobuaki-kakuda/

しかし、角田信朗さん自身は、「2位は負けと同じです。悔しいけど課題はクリアしたので頑張った自分に合格点をあげたい」とコメント。

日曜朝のご意見番、張りさんを思わせる2位は意味がない的な発言でした。

しかし、ベテランボディビルダーが多数集う中、銀メダルはご立派です。

角田信朗さんは、ボディビルを始めてまだ1年。

いくら、空手だK-1だと鍛えていたとは言え、筋肉の質が格闘技とボディビルでは全く違ってきますので、それを思えば2位は快挙ですから。

画像を見ましたが、55歳にしてあのマッチョボディを作り上げるとはとんでもないオジさんだと思います・・・。


でも、気になったのは、その筋肉というよりも、顔とのバランスだっりします。


角田信朗の体と顔のバランスがおかしな事になっている?


今回、ネットのニュースで角田信朗さんの偉業を見ましたが、そこに出ているメダルを手にポージングする写真がなんとも違和感が凄かったです・・・。

kakutaginmedatu.jpg




顔小さい(汗)


このあたりは、撮り方というか、ポーズの兼ね合いもあるのでしょうけど、ムキムキマッチョな体にトラック運転してます的なちょっとヤンチャなオジさんの顔が乗っかったみたいになっているように見えてしまいます。

ボディビルの筋肉はこういうものだと言ってしまえばそれまでですが、以前の方が健康的でたくましさを感じるのですが、どうなのでしょう?


角田信朗の筋肉遍歴を画像でチェックしてみた


角田信朗さんの格闘人生を振り返って、その筋肉遍歴をチェックしてみたくなりました。

そのマッチョ具合は一体どうなって写り変っていったのか、画像を並べてざっくり比べてみることに・・・。


kakuta1.jpg





kakuta2.jpg





kakuta3.jpg





kakuta4.jpg





kakuta5.jpg





kakuta6.jpg





昔の画像がサイズが小さいのばかりでなんとも微妙な感じではありますが、昔の方が年齢的に若いとかを差し引いても、やっぱり健康的なマッチョに見えます(苦笑)


このあたりは、やっぱり魅せるためのボディビルとは筋肉の付け方が違うからなのでしょうけど、こうも違うと落差が激しすぎますね。

脂肪は昔より減り、体は引き締まってるけど、筋肉が盛り上がりすぎて顔が小さく見えているのでしょうか?


それ以上に、筋肉が目立ち過ぎるから顔が目立ちにくくなっているだけかもしれません。

じっくり見ると、何気に顔もかなりマッチョ顔ですから・・・。


でも、今の角田信朗さんだと、やっぱり不健康に見えてしまうんですよね。

筋肉って、本当難しですね(苦笑)
 カテゴリ
 タグ

高畑裕太の復帰の既定路線は母淳子がいる青年座?親バカすぎる行動に呆れの声も

yutaseinenzafukika.jpg

強姦致傷容疑が一転「無罪釈放」となった、女優の高畑淳子さんの息子、高畑裕太さん。

敏腕弁護士がついたこともあり、被害者との示談成立とその後の事件性を真っ向から否定する弁護士のコメントからも、その手腕が見て取れた方も多かったのではないでしょうか(汗)

※上記画像引用元:http://spotlight-media.jp/article/251620583813565146

なんだか、世の中結局金次第なのかなと思わせるには十分な高畑裕太強姦騒動でした・・・。


示談金については、相当な額と話題となりましたが、そこについては、あの「週刊文春」が、1500万円であることを報じました。

今年の文春は、スクープ連発ですから、巷でもこの金額は相当信憑性が高いとの声が多い様ですね。

溺愛する息子を守るため母の高畑淳子さんがとった行動は、驚愕としかいいようがありませんが、ここにきてさらにその親バカ振りがクローズアップされています。

裕太の入院先が豪華すぎて話題に


今回の事件でメンタル的なダメージが大きいとか、マスコミに追われる事から逃げ出すためとか言われている、病院への入院。

その入院先が、どうやらあまりに豪華な仕様らしく、ネット上でも大きな話題となっています。


高畑裕太さんが入院しているのは、埼玉県内にある病院だそうで、そこは国内でも有数の豪華な病院として有名なところらしいです。

完全個室は当たり前で、高級ホテル並みのサービスが提供されているとかいないとか・・・。

病院には、全60室があるそうですが、意外にも一番ゴージャスな部屋でも1日の入院費は1万円を切るらしいです。

ただ、入院については紹介がないとダメだそうで、お金を払えば誰でも入れるという事ではないとのこと。

まさに、母淳子さんの芸能人パワーが炸裂して、どこかのセレブさんが紹介してくれたのかもしれませんね。

ちなみに、一部報道では、裕太さんがこの病院に入院した直後は、淳子さんが付きっきりだったそうで、事件前と変らない溺愛ぶりにネットでも「過保護すぎる」と批判が殺到しています。

逆転無罪で芸能界復帰もある?親バカ発揮で青年座入りが既定路線か?


豪華な病院で快適な入院生活を謳歌していると思われる高畑裕太さん。

その事件性から、芸能界追放と思われていましたが、ここにきてやはりというか、母淳子さんが所属する「青年座」での復帰の可能性が取りざたされています。

被害者が控訴を取り下げた事、弁護士が事件性はないと断言した事で何も問題はなかったと言われてしまえばそれまでですが、そも裏には疑惑だらけでスッキリしないものがある以上、芸能界復帰は困難と思われていました。

なにしろ、無罪が確定したのに所属事務所が高畑裕太さんとの契約を解除したのですから。

そもそも、力技での事件もみ消しという印象がついてしまった以上、世間は到底納得のいく空気にもなっていないです。

いくら親バカとは言え、自身が所属する青年座に息子を引っぱり芸能活動を再開させ、また親子共演をする気なのでしょうか?


それこそ、青年座に批判が飛び火してもおかしくないように思います。

いくら看板女優とは言え、それはさすがに無理がある気がしますが、無罪となった事、そして溺愛が尋常ではない母淳子さんの言動を踏まえれば、可能性はゼロではないのも確かです・・・汗


そんな母に甘えてこれまで好き勝手生きてきた息子の裕太さん。

本来であれば、親のスネをかじって芸能界でチャラチャラ生きるより、心機一転、一般社会にでて恥と汗をかいて働いて生きていくべきなのではないでしょうか・・・

でも、裕太さん自身がどうこう以前に、このお母さんがそんな事はさせないのでしょうね。

断言はしませんが(汗)
 カテゴリ
 タグ
Copyright © 芸能エンタメ&人気アスリートニュースを語る! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます